スキャンツール!!

BACK

 

 

ケーブル(接続コード)の入手方法 まずは、ケーブルを入手しましょう!
   
 VAG-COMのダウンロード ソフトは、ROSS-Teckのサイトからダウンロードします。
2 はじめて使う場合 ソフトのインストール、接続方法など
3 フォルトチェックの仕方 誰でも一番の関心、フォルトチェック
 メジャリングブロックの使い方 リアルタイムに車の動作状況をスキャンできます。
5 データ ロギング(Data Logging) スキャンした各部のデータを保存できます
6 VAG スコープ(VAG-Scope) データロギングしたデータを、グラフ化してより見やすくしてくれます。
7 スロットルボディーアラインメント バッテリーを取り外した後などに、電気式スロットルボディーにアイドリング時、パーシャルスロットル、フルスロットルなどの位置を再度学習させるための操作です。
8 オールロードの車高を変えよう! なんとオールロードの車高調整範囲を意図的に拡大できるようです。
9 エアサスの設定 このやり方ならアウディの車高が自由自在!
* もうちょっと知りたいな 本家Ross-Teckサイトの自動翻訳バージョン
* 他の方法 Ross-Teck以外のスキャンツール

 

 

VAG-COMを使う方法の他にも、いろいろなスキャニングアプリケーションが北米にはあるようです。

INNOVA3100

たとえば、上の画像は、OBD-2ポートにつなぐとパソコンなしでスキャンできます。
このケータイみたいなのが、スキャンするパソコンなんですね。

表示画面には、問題のあったコード番号を表示されるわけです。国内でも2万くらいで入手可能ですね。
機能的にはスキャン機能に限定されますが、お手軽でいいかも?

 

ケーブルの作成

スキャンするためのコネクター自体は、国際規格となっておりOBD-2と呼ばれています。
これに適合するケーブルは、とてもたくさんあるようですし、パーツさえあれば自作も簡単らしいです。

ただし、このケーブルを使ってパソコンのアプリケーションが動作するのですが、その信号のやり取りの形式が、自動車メーカーによって何種類かあるようです。アウディを含め欧州車の場合は、ISO規格が一般的です。その他の規格としては、ゼネラルモータース系によるVPW規格や 、フォード系によるPWM 規格などがあります。

こちらは、アウディでも散られているISO規格でのOBDからRS232に変換するためのプロトコルや実際の回路図  

 

けど、ケーブルだけなら、25ドルで売ってました。作るよりも買った方がいいとおもいます。

だけど、ケーブルだけではパソコンとつながらないんですよ。
それを可能にするのが、、ELMScanというシロモノ、上記のPDFに書いてある基盤のことです。
この基盤で、クルマとパソコンの通信を可能にするわけです。

 

上記を簡単に手に入れるには、ココが簡単です。

上記のElmScan信分を、RossTeck社では内蔵したケーブルとして販売しているわけです。

 

これで、クルマとパソコンはつながりました。
つぎは、パソコンで使うアプリケーション(ソフト)です。
どうやら世界中でいろいろと開発されているようで、ネットで検索するとたくさん出てきます。

Commercial software:

VAG-COM

Digimoto

 

OBD Logger

OBDII for ELM322

OBD2 Scantool

Real Scan

ScanTest for Pocket PC

OBD-II ScanMaster

wOBD

OBD Gauge for PalmOS

 

とりあえず、ここにも置いときましょう!
ScanTool.net OBD-II software, version 1.06 (English)
scantool106win.exe, 386kb

ダウンロードして使ってみて下さい。
クルマとつながなくても、ソフトの概要は知ることができます。

 

 

いろんな関係サイトがあるようですが、

スキャンアプリなどの場所 >>      

ですから、ISO規格で通信可能なケーブルとソフトがあるならば、アウディ専用である必要はありません。
それにこしたことはないようですけど、欧州各メーカーに対応するようなソフトでもかまわないようです。

さらにROMの読み込み、書き換えなどに対応したアプリもあるようです!  

ちなみに生ROMは数百円、ROMライター2万円、だそうです。