RossTeck スキャンツール!!

BACK

スキャンツール:VAG-COM

このサイトの仲間たちからも絶大な評価を得ているスキャンツール。
アメリカ ペンシルベニア州のコンピューターソフトメーカー. 純正ツールを凌ぐ機能をもつ独自のコンピューター診断ツール(VAG-COM)は全世界のディーラー、ユーザーに利用されている

 http://www.ross-tech.com

ケーブル(接続コード)の入手方法 まずは、ケーブルを入手しましょう!
   
 VAG-COMのダウンロード ソフトは、ROSS-Teckのサイトからダウンロードします。
2 はじめて使う場合 ソフトのインストール、接続方法など
3 フォルトチェックの仕方 誰でも一番の関心、フォルトチェック
 メジャリングブロックの使い方 リアルタイムに車の動作状況をスキャンできます。
5 データ ロギング(Data Logging) スキャンした各部のデータを保存できます
6 VAG スコープ(VAG-Scope) データロギングしたデータを、グラフ化してより見やすくしてくれます。
7 スロットルボディーアラインメント バッテリーを取り外した後などに、電気式スロットルボディーにアイドリング時、パーシャルスロットル、フルスロットルなどの位置を再度学習させるための操作です。
8 オールロードの車高を変えよう! なんとオールロードの車高調整範囲を意図的に拡大できるようです。
9 エアサスの設定 このやり方ならアウディの車高が自由自在!
* もうちょっと知りたいな 本家Ross-Teckサイトの自動翻訳バージョン
* 他の方法 Ross-Teck以外のスキャンツール

 

VAG-COMのダウンロード

ダウンロード自体は、誰でもできますが、使う場合はお金を払う義務があります。
RossTeckからケーブルを買うとき、このソフト使用料も含まれているはずです(100ドルくらい)
日本のセカンドウインドで購入しても、ソフト使用料は含まれていますから、安心です。

 

Ross-TechのHP(http://www.ross-tech.com/vag-com/download/)からVAG-COMソフトをPCにダウンロードします。

 

The Current version is:  Release 311.2
Posted 16. November 2003

If you're using a SERIAL Interface:

Self-Installing EXE file ~1.0 MB

Works with Windows 95, 98, ME, NT4,
2000, and XP but does NOT support 
USB Interfaces.

If you're using a USB Interface:

Self-Installing EXE file ~1.2 MB

Can be used with all interfaces, but 
will NOT work with Win-95 or Win-NT4

IMPORTANT: Please read: 
USB Driver Installation Instructions

Both distributions include the VAG-Scope and TDI Timing Checker "Plug-Ins"

 

HEX-COMは左のボタン、HEX-USBは右のボタンです。PCのデスクトップなどにファイルを保存します。ファイルを開きVAG-COMソフトをPCの適当な場所(C¥Program Filesなど)にインストールします。VAG-Scopeも自動的に同じ場所に保存されるようになっています。

 

注:HEX-USBをWindowsXPで使用する場合、ドライバーをインストールする必要があります。

VAG-COMをインストールした後、HEX-USBをPCに接続すると「新しいハードウエアが見つかりました」のダイアログが現れます。「特定の場所からインストールする」を選び、VAG-COMをインストールした場所(C¥Program Files¥VAG-COMなど)を指定し、ドライバーをインストールします。

VAG-COMを起動させ、〔Options〕をクリックし、〔Select COM Port〕のUSBを選び、〔Test〕をクリックします。

車にHEX-COMを接続していないときには上の画面が現れます。〔OK〕をクリックし、〔Save〕て設定を保存します。

以下を必ずお読みください

著作権

VAG-COMの著作権は全てRossTechが保有します。VAG-COMを第3者に転売したり、ソフトに手を加えたりすることは、RossTechの書面による許可なしでは禁止されています。

 

免責事項

VAG-COMのダウンロードまたは使用にあたってPC及び車に発生し不具合について、RossTechおよびSecondWindは一切の責任を負いません。VAG-COMは使用者の責任と判断において購入、使用してください。RossTechは完璧な製品を目指して開発に取り組んでいますが、これは全ての車の全てのシステムでの動作を保障するものではありません。

 

エアバッグシステムに関する注意事項(2000-2001 Golf / Bora / Beetle)

上記車種のエアバッグコントローラーには、VAG-COMでスキャンすると警告灯が点灯したままになってしまうものがあります。パーツナンバー6Q0 909 605 Aのコントロールモジュールです。このパーツナンバーはコントロールモジュール本体を直接確認しないとわかりません。そのため、パーツナンバーが特定できない場合には、エアバッグのコントロールモジュールはスキャンしないようにしてください。

VAG-COMは誤ってエアバッグシステムをスキャンしないように設定されています。エアバッグシステムをスキャンする前には必ず操作を確認するダイアログボックスが現れ、誤操作を防ぐようになっています。

 

VAG-COMの動作に関する注意事項

Windows 2000 SP1(Service Pack1)とVAG-COMの相性は良くないようです。もしこのOSを使用している場合、SP2またはSP3に変更してください。

 

・コントロールモジュールにアクセスするときに「Can’t Synch Baud Rate」のメッセージが現れたら、Options Screenに行きStart Baudを9600にセットしてください。9600でも同じメッセージが出たら、4800、1200を順に試してください。Baud Rateを変更した場合は一度イグニッションをOFFにしてから操作を繰り返してください。

 

・1997年からVW/Audiはステレオからの情報をECUで処理できるようなシステムを導入しました。この「Kライン」と呼ばれるシステムに対応した純正ステレオを社外品に交換している場合、コンピューター診断ツールを壊してしまう恐れがあります。

HEX-COMまたはHEX-USBにはこのトラブルを防ぐための安全機能が付いています。OBDポートコネクター部に付いているLEDです。イグニッションをONにしてOBDポートにHEX-COMまたはHEX-USBを接続したとき、このLEDが赤く点灯したら読み取り作業は中止してください。LEDが緑に点灯すれば問題ありません。

 

この問題に対処するためには、ステレオを取り外しハーネスの下図の矢印で示した3番の配線をコネクター

から外してください。

このコンテンツ作成にあたって、セカンドウインド社の多大な御協力をいただきました!