from つよし

 

S4にお乗りの「つよし」さん。
フルブーストでも膨らまない、かっこいいSAMCOシリコンホース装着です。

写真をクリックすると、別ウインドウで大きく表示いたします

 

 

AUDI S4  2000年式

富山湾の対岸に北アルプスが見えます。

雪でフロントバンパーを壊してしまいました。今が、チャンスとばかりに以前から用意しておいたシリコンホースへの交換を決行しました。シリコンホース装着しました。少しは、レーシーな雰囲気かな。

SAMCO:パフォーマンスホース ブルー、レッド、イエロー、パープルから選択可能で、エンジンルームをファッショナブルに演出するとともにチューニングイメージをアピールします。また、オーダーによりグリーン、ブラックのオプションカラーの設定もあります。ちなみにサムコはF1フェラーリチームのオフィシャルサプライヤーです。

 

 

一番亀裂の入りやすいYパイプです。ぼくのは、ノーマルのホースもきれいでした。

下からの画像です、インタークーラーが見えますね。オイルパンの下に見えるのは、スタビでしょうか?
後は、バンパーをつけるだけです。  無理な、雪中行軍はやめましょう。

■後日談〜サムコホースの効果

今日、バンパーの塗装も仕上がり1週間ぶりに車がもどってきました。
ホースは替えたけど、ほんとに違うのかなという半信半疑で車に乗り、いつものようにローは、あまり引っ張らずにセコンドヘ2000rpmくらいで一発アクセルをあおったら、なななんとブースト計の針が0.9めざしてかけあがるではないですか!
それも、0.9を維持しようとしているのがわかるんです。
これまでの、70%くらいのアクセル開度でノーマルのフルブーストがかかり、針がそこにはりつこうとしています。
まるで、EVCをつけた時のような変化です。やはり、レスポンスアップというのはほんとうでした。

ボクの車はノーマルCPUで、リアのみスーパースプリントに替えてあります。
あと、低速での排気速度の低下が気になったので、ジョイント部にサイクロンをいれてます。
やってるのは、これだけです。

メータつけるとわかりますが、ノーマルでも一瞬0.9までいき、0.7でおちつきます。
ホース交換後は0.9に行くアクセル開度が違うのと0.9をずーっと維持しようとしている感じですね。
ロムチューンした車だともっと違いがでると思います。

購入方法ですが、ルートは結構あります。千葉のトップラインというとこが代理店です。アラゴスタの足とこのサムコを扱っています。
定価:65,000円

>>> つづきます >>>

 

SなAudiたち。に戻る

Tipsメニューに戻る