from あにき

 

あにきさんから、画像が届きました!
北米仕様のS4。
日本国内未設定のブリリアントブラック!

写真をクリックすると、別ウインドウで大きく表示いたします

ある日、交差点で右折しようと待っていたところ、突然ウインカーが点灯したままになってしまったのです。
ん?と思い、ウインカーレバーを入れ直したところ、問題なくカチカチと点滅しました。
しかし、点灯したままの状態が散発したため、ウインカーリレーを交換することになりました。
ウインカーリレーはハザードスイッチと兼用になっています。

交換はオーディオを取り外し、ハザードスイッチが取り付いている化粧パネルを取り外します。
オーディオは4本の特殊工具を使うと簡単にとれます。

交換後はリレーのカチカチ音が変わりましたが、点灯したままとなる不具合現象は治りました。

 

 

次に冷却水用リザーブタンクの交換です。
B5のS4は水漏れなどの不具合は比較的多いようですね。
これは樹脂の経時劣化が早いのかもしれませんが、私のS4も冷却水リザーブタンクに亀裂らしきものが数カ所ありました。
当初、アメリカ仕様のS4の型番がわからないという話でしたが、AR、A6、S4、RS4共に2.7T用のタンクは1種類だけという話だったので、国内用のタンクを注文しました。

タンクを交換するとエンジンルームが見違えますね。なんかとってもいい感じ♪
ちなみにクーラントは純正をチョイスしました。

 

 

 

 

カーボンボンネット

とうとうカーボンボンネットに手を出してしまいました。
ここまで来ると後戻りできません(笑)

まず、物が大きいので商品の発送はディーラーへ直送。
段ボールを開けてみると、ボンネットには細かい傷が多くありました。
これは緩衝材がヤスリの働きをしてしまったためだと思います。
んで、早速板金屋へ出して磨いてもらいました。
それがこの写真です。パット見はかなりいい感じではありますが、
神経質な方にはお薦めできないです。このカーボンはウエット。
よく見るとあまりよい品質ではありません。

さらに、ボンネット取り付けでは追加工などが必要となりました。
 1:後期型ウォッシャーノズルを前期型仕様へ変更する。
 2:純正グリルを追加工する
結局はこの課題に対してはディーラーの努力もありましてクリアすることが出来ました。

ようやく、取り付け完了!! 天気がよい日に写真を撮ってきました。
どうでしょうか、カーボン目がキラリと見えるでしょ?
黒いボディーだと地味かなと思いましたけど、想像以上にスポーティーかも・・

 カーボンボンネットへ変更するに伴ってグリルをRS4用へ変更しました。
これは正解でした!カーボンにはRS4用グリルがよく似合います。
角度を変えて。何となくカーゼのような・・・
直射日光が当たるととても良く反射します。曇りの日にはほとんど見えません。
ちなみに、インタークーラー前のロアカバーに付いていた格子状のプラスチックは
綺麗に外しました。個人的にはかなりお気に入りです。
続きまして、CarBra装着です。
CarBraは車用のブラジャー?です。革のブラジャーなんてとっても刺激的!?
ある日、S4用のCarBraないのかなとネット徘徊していたら、あるではありませんか。
値段も48ドルと大変お手ごろ価格。早速注文しました。

広げてみるとこんな感じ。
グリルからボンネットの前部を覆うタイプでその名も「スポーツブラ」
やっぱ初めてのブラはスポーツか!!(汗)
ちなみに丸い部分はゴムになっていてブラを引っ張っるようにして引っかけます。
このCarBraはColgan Custom製 http://www.colgancustom.com/index.shtml
アメリカではポピュラーのようですね。
装着するとこんな感じ。まだおろしたてなのでしわっぽいですが・・・
装着にもコツがいりまして、最初は大変でした。

AUDIにカーブラはかなり珍しいのでは?
よくビートルに装着した写真なんかは見たことありますが、


と言うことで、エクステリア系ネタはS-Carsでもあまり無いので新鮮だったでしょうか。
カーボン+カーブラってのはあまりいないでしょうからねえ。
いっそのこと日本一派手なS4を目指しちゃおうかな〜

 
>> 続きます >>

 

SなAudiたち。に戻る

Tipsメニューに戻る