from CP9A

 

CP9Aさんから、画像が届きました!
RS6!!

写真をクリックすると、別ウインドウで大きく表示いたします

2003年式 RS-6

ランエボからの乗り換えです。

<前車からの乗り換えの理由>
 年頃になった娘がいまして、駅まで前の車(赤のランエボ:トミマキネンエディション)で迎えに行ったところ、
 「いつもありがたいんだけど、もう迎えに来なくていい・・・」
  と言われショックを受けたのが、買い替えの 動機でした。
ラリー好きの私は過去ランエボを3台乗り継いで、乗り心地以外は冬の制動含めて最高 でしたので多少の派手さは気にしなかったのですが、
家族は気にしていました。
この一言には参りました。
 今では家内も「年相応でいい」とか、娘も息子も「超いい」とか言って喜んでいます。ランエボに匹敵する?
動力性能がRS6にした理由でもあります。
 

スタッドレス
メーカー ブリジストン
銘柄 ブリザック
サイズ 225/40/18 BS-MZ03

冬用のホイール
Audi純正 7.5J-18

冬道でのインプレッション
 慣らし運転の程度でしたが、ハンドリングは素直で破綻することもなく、乗り心地も上々でした。
 どうしても車体が重いので、ランエボのような軽快感はありません。また、最低地上高が低いので、 段差がある道路では神経を使います。自宅周辺の簡易舗装路では尚更です。
  冬の札幌は路地へ 入るとまるでアドベンチャーランドのような悪路となりますので、冬季は最低地上高の充分なSUV に乗ることが多かったです。半年間は気候や道路条件を見ながらの出番待ちでした。MTからATへ 変わったことにも神経を使いました。そのくらい札幌の冬は厳しい道路事情があります。
 
summer tire
Pirelli P ZERO ROSSO 255-35-19です。
室内はホワイト系
職場の駐車場で
手前は、mfdent@S6号です。
この画像では、奥に見えるのがmfdent@S6号です。
mfdent@S6号は、さらに低いです。
リアスポイラーの有る無し比較の図
前車ランエボは、飛びそうになるくらいの羽が生えてまして、周囲の目が冷たかったですが、RS6の羽はジェントルで評判良いです。
mfdentさんは、第3の職場の後輩で、月に1週間ほど時間を共にします。
この職場はアウディ好きが多いのは、以前紹介されていました。

2003年のwinter直前に納車、2004春の時点で3000キロくらいです。

夏になってのインプレッション
 ようやく慣らしも終わり、アクセルを踏みこめるだけでも感激ですね。アクセルが重いのと、冬場の 安全運転に慣れてしまって、最初はトロトロはしっていました。ようやく大きさも自分のものになって、 最近は少し飛ばせるようなりましたが、まだランエボのような訳にはいきません。
ランエボの時の 方が、前を行く車も道を開けた感があります。知らない人は羊と思っているのでしょう。
 ただ今まで分からなかった450PSの凄さが徐々に伝わってきます。でもランエボやインプといった 日本の2lモンスターの凄さも実感します。WRC制覇の実力は、やはりただ者ではないですね。
 ATですが、日本の一般道速度では若干違和感があります。この辺もう少プログラムを変えた方が いいかなと感じています

 
 
>> つづくでしょう >>

 

SなAudiたち。に戻る

Tipsメニューに戻る