S6のBピラーを、ピカピカに計画

BACK

  スポーティーなイメージは、トリムなどのクロムパーツのブラックアウトが定番ですし、黒い方がかっこいいと思ってました。
ですが、Audiの'S-cars'はアルミを多用しアクセントにしています。ですから私も考えを改め、ピカピカBピラーにした次第です。

S6のBピラーは、車体色に関わらずブラックです。

当初カーボン化を考えましたが、ドアトリムやミラーも銀色ですから、Bピラーも銀色にしてみようと思い立ちました。

どうも冬期間は、「こわざ」ばかりやってみたくなります。

Bピラーに、薄いアルミシートを貼ろうと思いましたが、いくら何でも傷に弱いだろうと考え直し、ステンレスシート(1ミリ厚)を用意しました。

まず前後のドアを開け、Bピラーカバーの根本にあるプラカバーをはずします。

赤い部分がプラカバー。

こじると簡単にとれます。

プラカバーをとると、ネジが二つあります。

ネジ山を見ると、あまり見かけないタイプです。ネジのくぼみが星形になっています。

正式名称はわかりませんが、通称トルクスネジでしょう。

私はマックユーザーですので、これにあうトルクスドライバーを持っていましたので簡単簡単。
Bピラーカバーの上部にも2カ所同様のネジで固定されているので、はずします。
全部で4カ所のネジをはずすと、カバーがとれます。

はずしたBピラーカバーを、よく油脂をとりきれいに乾燥させます。

はずして発見!安っぽいプラスティックパーツと思いこんでいましたが、Bピラーカバーは鉄製でした。

 

先ほどの、ステンレスシートを貼り付けます。

貼るのは簡単ですが、シートの断面で指をケガしないように要注意です。

すごくピカピカです。ピカピカBピラー完成です。

ピカピカBピラーを取り付けた状態。

背後の家が写りこんでいます。

洗車等で傷つくでしょうが、経過を見たいと思っております。

ピカピカBピラーを付けたと言わなければ、パッと見た目には変わらないと思います。

ですが、 myS6オリジナルということで、満足しております。

こちらが、ピカピカBピラーを付ける前、上の写真と比べていかがでしょう?