from mfdent vol-10

 
 

画像をクリックすると、拡大します

 

2002年6月

待ちに待ったホイール替え!

 


画像をクリックすると、拡大します。

 

 

OZ CLASSE
 9J-18inch
 PCD112
 ET 35

 

 



画像をクリックすると、拡大します。
 

タイアは、

MISHLIN Pilot SPORT
 255/35-18
 90Y
 幅260
 外径635

 


画像をクリックすると、拡大します。

 

 

まずは、リフトアップしタイア&ホイールをはずします。

 

いままで装着していたタイア

コンチネンタル スポーツコンタクト
あまり減りもなく(6分?)
うるさくもなく、
気持ちのいいタイアでした。

 

 


画像をクリックすると、拡大します。

 

 

後輪にOZ CLASSEを履いた状態。

ピカピカしていますね。
リムも広くてゴージャスです。
ちなみにリム部分はステンレスカバーで被覆されており、傷が付いたら交換可能です。


画像をクリックすると、拡大します。
 

中央に光り輝くロゴがまぶしいです。

ボルトは、ホイール付属のモノ。
ロックボルトは、この時点では未装着です。

 


画像をクリックすると、拡大します。

 

 

前足のディスク部分です。

パッドはまだいけそうです。

 

おおっ!

作業中止〜〜〜〜!!!!


画像をクリックすると、拡大します。
 

前足を作業中、キャリパーに緩衝することがわかりました。

ええっ?

OZにも確認し、S6装着可能って言ってたのに。

ショップの人もあせります。

 


画像をクリックすると、拡大します。

 

 

OZの最新カタログにも、
AUDI S6 対応を記載してあるんです。

   

結局、OZ CLASSEはあきらめました。
スペーサーで5ミリほど出せば、履けるとは思いましたが、
お店の人も止めたほうが良いとアドバイスしてくれました。
で、

結局ホイール選びは振り出しに戻りました。

 

   

次回こそ
新しい靴を履いたS6の紹介だと思いますが、、

>> その11に続く >>

 

S6 Menu に戻る