from mfdent vol- あくまで私の感想です。

 
 

2002年3月22日

 汚されてるっ! 誰の仕業?

 

 

この冬は記録的に雪が少なく、雪解けもすすみ春の訪れを感じるこのごろでしたが、朝起きてクルマを見るとびっくり!

前日にはこんなに汚れていなかったはず。
いったいどうしたんでしょう?

 

 

 

 

ご覧のように、S6は屋根だけのカーポートに駐車していますので、外からの風や雨などは簡単に吹き込みます。
ですが、エンジンフード全体にまで泥のような斑点がこびりついています。

 

 

 

いくらなんでもこりゃあ汚い。

きれいなときには光り輝く良い色なんですが、いったん汚れが付くとホントに汚れが目立つ色なんですねえ。

 

犯人判明!!

黄砂

 

 

 

報道によると、汚れの原因は「黄砂(こうさ)」。

遠く中国の黄土地帯の砂じんが偏西風に乗って飛来する“春の使者”が犯人でした。

21日に黄海を渡って朝鮮半島に達し、22日には強い偏西風に乗って日本海を北東に進み、北海道を覆ったとのことでした。

 

 

 

 

 

札幌どころか、北海道全域でこのような霧のようなどんよりとしたお天気になってしまいました。

なにか火山の噴火後の火山灰による粉塵のようです。

お天気は良いはずなのに、日光が届かない!

 

 

 

 

 

洗いました。

報道によると、空中の黄砂が雨によって地上に落とされたことによるので、まだまだ続く可能性があるとのこと。つまりまだまだ汚れる可能性があると言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

札幌市内のガソリンスタンドや、コイン洗車場には洗車を待つ車が数珠つなぎ。

専門家によりますと、一平方メ−トルあたり100〜300グラムが降り積もったそうで、雨に流された分も考慮すると、実際の量は10万〜30万トンにもなるそうです。

この量を水で洗い流そうとすると、ホントにたくさんの水を使うことになってしまいますから、洗車もホドホドに考えた方が良いようです。

 

     
   
>>> その4に続く >>>

S6 Menu に戻る